外国紙で読む世界のニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS ワールド・ウォッチ

<<   作成日時 : 2015/11/10 07:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

World Watch
ワールド・ウォッチ
画像

TREADING CAREFULLY: A child swam through a waterlogged stretch of Chennai, India, during heavy rains that lashed parts of the city after the India Meteorological Department warned that a cyclone on the Bay of Bengal coast was likely to make landfall on Monday evening. PHOTO: ARUN SANKAR K./ASSOCIATED PRESS
注意深く歩く:インドのチェンナイ、一人の子供が浸水した場所を泳いでわたっている。インドの気象庁がベンガル湾にあるサイクロンが月曜夕刻陸地に接近する可能性があると警告した後、市の大部分を豪雨が襲った。
Nov. 9, 2015 1:04 p.m. ET
OECD
Leading Economies Bolster Growth
OECD、主要な経済が成長を支える
The Organization for Economic Cooperation and Development said lower oil prices and falling unemployment will bolster growth in the 34-member group of developed nations, helping to offset the impact of a slowdown in emerging economies.
OECD(The Organization for Economic Cooperation and Development:経済協力・開発機構)は低い石油価格と失業率の低下は34の先進国での成長を支え、新興国経済の減速の影響を緩和するに役立っていると述べた。
The forecasts underscore how the U.S. in particular is expected to remain an island of stability within the global economy, shrugging off an anemic recovery in Europe, weak growth in Japan and turmoil in China and other developing nations.
その予想は、特に米国が世界経済で一人安定を維持していることを期待されていて、ヨーロッパでの貧弱な回復を脱するか、日本における弱い成長及びシナと他の買い這う途上国での混乱を強調するものである。
In its semiannual economic forecasts, the OECD said growth in the U.S. would continue to be among the most robust in the group of nations, hitting 2.4% in 2017. It predicted the 19-nation eurozone would continue to lag behind the U.S., with growth at 1.5% this year, 1.8% next year and 1.9% in 2017.
その半年毎の経済予測で、OECDは、米国での成長は先進国グループで最も強健さを続け2017年には2.4%に達するとだろうと述べた。ユーロ圏の19カ国は今年1.5%の成長で米国に遅れをとり、来年1.8%、2017年は1.9%になるだろうと予測した。
The forecasts also warn about stagnating levels of global trade. Developed countries were responsible for the slowdown in 2012 and 2013. Now, reduced imports and exports of China are the main reason for the trend, the OECD said.
予測は又世界貿易のレベルの停滞について警告している。先進諸国は2012年及び2013年の減速に責任がある。現在、シナの輸出入の減少はその傾向の主要な原因であるとOECDが述べた。
—Matthew Dalton
JAPAN
Government to Raise Tourism Target
日本、政府観光産業の目標を揚げる
The Japanese government started discussions to raise the number of visitors it aims to attract over the next few years, with the current goal likely to be reached earlier than expected.
日本政府は次の数年間でひきつけることを狙う観光客数を増やすための論議を開始した。その目標は予想されるものよりも早期になる可能性がある。
The government had been aiming to increase the number of foreign tourists to the country to 20 million in 2020. Now, based on current trends, Japan is likely to get close to that number this year and possibly pass it. In the first nine months of the year, the nation recorded 14.5 million foreign visitors. “The 20 million mark is only a stop along the way,” Prime Minister Shinzo Abe said on Monday.
政府は2020年に2,000万人の観光客数に増やすことを狙っていた。今、最近の傾向に基づき、日本は今年その数字に近づき達成する可能性がある。今年9ヶ月で、1,45万人の外国人観光客を記録した。「2,000万人はその通過点に過ぎない」月曜日安部晋三首相が言った。
The government has said the cheaper yen, the easing of visa requirements and more people with disposable income in Asia are among the reasons for the increase.
政府は、安い円、ビザ要求の緩和及びアジアでの可処分所得を持つ人々がその増加の理由の一つであると言っている。
“We need to set a new goal” and continue promoting tourism in Japan, Chief Cabinet Secretary Yoshihide Suga said.
「我々は新しい目標を設定する必要がある」そして日本での観光産業を促進し続ける必要があると内閣官房長官の菅義偉が言った。
He said attendees at Monday’s meeting said the country has the potential to attract as many tourists as some destinations in Europe do, but the government must improve airport capacity and other infrastructure.
彼は月曜日の会議の出席者達は、同国はヨーロッパのいくつかの旅行先のように大奥の観光客を引き受ける可能性を持っているが、政府は空港の収容能力とその他のインフラを改善しなければならないと述べた。
The panel of experts is set to propose specific measures by March, the prime minister’s office said.
専門家達の審議会は3月までに特定の措置を提案することになっていると首相官邸が述べた。
—Jun Hongo
CROATIA
Opposition Wins Parliamentary Vote
クロアチア、野党が機械選挙で勝利
Croatia’s conservative opposition has won the Balkan country’s first parliamentary election since joining the European Union in 2013, but without enough votes to rule alone and with tough government negotiations looming.
クロアチアの保守野党が、このバルカンの国が2013年にEUに加盟して以来の最初の議会選挙で勝利した。しかし単独政権に十分な票を得られず、厳しい政府交渉が迫っている。 
The state electoral commission said Monday that with 99% of the vote counted, the conservatives, led by former intelligence chief Tomislav Karamarko, won 59 seats in the 151-seat parliament. The ruling Social Democrats, led by incumbent Prime Minister Zoran Milanovic, got 56 seats.
国家選挙委員会は月曜日、99%の投票が集計されて、元情報局長官のトミスレイ・カラマルコ率いる保守等が151議席の議会の59議席で最多数だと述べた。与党だったゾラン・ミラノビイ現首相率いる社会民主党は56議席だった。
The result means both blocs have failed to win an outright majority and the forming of a new government will depend on several small parties that entered parliament.
その結果は、両ブロックが政府を組織するに十分な絶対多数を得ることに失敗したことを意味し、小さな数党を内閣に加えることに頼ることになろう。
The kingmaker will be the third-placed party, Most, or Bridge, with 19 seats.
鍵を握るのは第3位の党、19議席を持つモスト又はブリッジである。
Mr. Milanovic called on Most leaders to start negotiations on the forming of a new government.
ミラノビッチ氏は新政府形成でモストの指導者達に交渉開始を要請した。
Before the election, Most leaders pledged they wouldn’t enter a coalition government with any of the big parties, but may give them support in Parliament if they offer to carry out radical political, social and economic overhauls.
選挙前、モストのリーダー達はいかなる大政党との連立政府には加わらないと公約した。しかしもし彼らが徹底的な政治的、社会的及び経済的見直しを実行することを提案すれば、政府への支持をするかもしれない。
—Associated Press
INDIA
Industrial Production Seen Moderating
インド、工業生産、減速が見られる
India’s industrial output growth is expected to have moderated from a near-three-year high in September although stronger consumer demand ahead of the country’s main festival season may have boosted production.
インドの工業生産の成長は、同国の主要なフェスティバル・シーズンを前に生産を押し上げ、強い消費者の需要があるが9月に3年近くの高水準から減速していると予測されている。
The Index of Industrial Production, which measures the output of factories, mines and utilities, likely rose 5% from a year earlier, according to the median estimate in a poll of 11 economists by The Wall Street Journal.
ウォールストリートジャーナルによる11人のエコノミストへの取材での平均値では、工業生産指数は工場、鉱山及び公益事業の生産高を測定するものだが、年初から5%に増加する可能性がある。
That is slower than the 6.4% expansion in August, which was the highest since October 2012.
それは8月の6.4%の拡大よりも鈍化している。これは2012年以来の最高値だった。
Domestic demand typically rises ahead of India’s main festival season. Many Indians prefer to make big purchases, including cars and real estate, during the annual festivities that began in October this year. Manufacturers usually ramp up production anticipating a rise in demand.
国内需要はインドのふぇスエィバルシーズンの前普通は増加する。多くのインド人は大きな買い物をする。それは車、不動産を含んでいる。今年10月に始まったお祭の間である。製造業者達は通常慈雨要の増大を予想して生産を急増させる。
The government is scheduled to announce the data on Thursday.
政府は木曜日にデータを発表する予定である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワールド・ウォッチ 外国紙で読む世界のニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる