外国紙で読む世界のニュース

アクセスカウンタ

zoom RSS メルケル:ヨーロッパはシナ、ロシア及び米国に対して立ち上がるため団結しなければならない

<<   作成日時 : 2019/05/16 09:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Merkel: Europe must unite to stand up to China, Russia and US
メルケル:ヨーロッパはシナ、ロシア及び米国に対して立ち上がるため団結しなければならない

German chancellor also shares views on Brexit and climate crisis in interview
ドイツの首相はブレクジットと気候変動危機で見方を共有しているとインタビューで
Stefan Kornelius, Nico Fried and Philip Oltermann in Berlin
Wed 15 May 2019 17.00 BST Last modified on Wed 15 May 2019 20.00 BST
写真1
画像

‘There is no doubt that Europe needs to reposition itself in a changed world,’ said Merkel. Photograph: Hannibal Hanschke/Reuters
‘変化した世界で最配置を必要としているのは疑いない’とメルケルが言った(ロイター)
Europe must reposition itself to stand up to the challenges posed by its three big global rivals, China, Russia and the US, Angela Merkel has said before her final European election as German chancellor.
ヨーロッパは世界的な大きなライバルであるシナ、ロシア及び米国が引き起こす挑戦に立ち上がるため自身を再並置しなければらないとアンジェラ・メルケルがドイツの首相とし欧州選挙の前に言った。
Facing challenges that range from Russian interference in elections to China’s economic clout and the US’s monopoly over digital services, Europe needs to get better at putting up a united front, Merkel said in a wide-ranging interview shared with the Guardian.
ロシアの選挙への干渉からシナの経済的影響力及び米国のデジタルサービスに関する独占に及ぶ挑戦に直面して、ヨーロッパは統一戦線を造って良い方向に向かう必要があるとガーディアンとのインタビューで広範な見方を共有すると述べた。
“There is no doubt that Europe needs to reposition itself in a changed world,” Merkel said in a conversation in her office in Berlin. “The old certainties of the post-war order no longer apply.”
「ヨーロッパは変化した世界で自身を再配置する必要があるのは疑いがない」メルケルがベルリンの彼女の事務所での会話の中で言った。「戦後秩序の古い確実性はもはや適用できない」
She added: “They [China, Russia and the US] are forcing us, time and again, to find common positions. That is often difficult given our different interests. But we do get this done – think, for example, of our policy regarding the conflict in Ukraine.
彼女が付け加えた。「彼ら[シナ、ロシア及び米国]は共通の立場を見出すために繰り返し我々に強いている。それは我々の異なる利益のためにしばしばむつかしい。しかし我々はこれをやっているー例えば、ウクライナでの対立に関しての我々の政策を考えよ」
“Our policies on Africa, too, now follow a common strategy, which a few years ago would have been unthinkable. So we keep putting one foot in front of the other. However, our political power is not yet commensurate with our economic strength.”
「アフリカに関しての我々の政策も又、今や共通に戦略に従っている。これは数年前は考えられなかった。だから、我々は断固頑張っている。しかしながら、我々の政治力は我々の経済力と未だ釣り合っていない」
写真2
画像

Merkel with Xi Jinping and Vladimir Putin at the G20 in Hamburg in 2017. Photograph: Anadolu Agency/Getty Images
2017年ハノイでのG20サミットでの習近平、ウラジミール・プーチンとメルケル
In the interview, conducted by journalists from the German newspaper Süddeutsche Zeitung and shared with the Guardian as part of the Europa newspaper alliance, Merkel also said:
南ドイツ新聞のジャーナリストが行ったインタビューで、メルケルが言った。
• Brexit was the biggest European turning point of recent years, but that the ball was now in the UK’s court: “In order for the UK to leave the EU, there needs to be a parliamentary majority in London for, rather than merely against, something.”
 ブレクジットは最近数年でヨーロッパの最大の転機だが、そのボールは英国のコート側に今ある。すなわち、“英国にとってEUを離れるためには、単に何かに反対するよりもむしろロンドンで議会の多数をとる必要がある”
• Generating enough economic wealth to tackle the environmental crisis remained her “greatest worry”.
 環境危機に取り組むために経済的富を生み出すことは彼女の“最大の懸念”のままである。
• Germany was aiming to become carbon neutral by 2050, but this was “a tremendous challenge”.
 ドイツは2050年までにカーボンニュートラルになることを狙っているが、これは“とてつもなく大きな挑戦”である。
The interview comes at a pivotal moment in Merkel’s 14 years as chancellor. Her party, the Christian Democratic Union, faces the prospect of significant losses in the May 23-26 poll, though observers believe she remains popular enough to see out her fourth term through to 2021.
このインビューは彼女の首相としての14年間で重要な時に行われた。彼女の党キリスト教民主連合は5月23日―26日の選挙で相当数の議席を失う見通しに直面しているが、観測者達は2021年までの第4任期終わりまで人気を維持すると信じている。 
The elections are a chance for populists in Germany and across the continent to build on their mounting popularity, borne of greater inequality, growing precariousness and a disenchantment with politics in Brussels and in member states.
選挙はドイツで、そして大陸中でポピュリスト達にとって、人気主義,、増大する不平等性、ブラッセルやメンバー諸国内での政策に伴う不確実性と幻滅の高まりは一つのチャンスである。

“Many people are concerned about Europe, including myself,” Merkel said. “This means I feel even more duty-bound to join others in making sure that Europe has a future.”
多くの人々は自身を含めヨーロッパに懸念しているとメルケルが言った。「ヨーロッパが未来を持つことを確かにする上で合体する義務があると私が感じていることを意味する」
She said her peers needed to stop toying with populist gestures, and categorically ruled out opening up her centre-right bloc of parties in the European parliament to far-right populists such as Matteo Salvini.
彼女の同僚達はポピュリストのしぐさで遊ぶのを止める必要があると言い、自分の中道右派政党を、マテオ・サルヴィニのような極右のポピュリスト達に欧州議会で開放するなど論外だと言った。
“This is indeed a time when we need to fight for our principles and fundamental values,” Merkel said. “The heads of state and government will decide how far to let populism go or if we are ultimately willing to take on joint responsibility.
「我々が自身の原則と基本的価値のために戦う必要がある時だ」メルケルが言った。「国家の首脳達と政府は、共同責任を結局とりたいならポピュリズムを如何に辞めさせるかを決定する」
“Simply stating that we’ve enjoyed seven decades of peace is no longer enough to justify the European project. Without forward-looking arguments to justify Europe, the European peace project would also be in greater jeopardy than one may think.”
「我々が数十年平和を享受したことを単純に述べることはもはやヨーロッパのプロジェクトを正当化するには十分ではない。ヨーロッパを正当化するための前向きの議論なしで、ヨーロッパの平和プロジェクトも又考えるよりもより危険にさらされるだろう」
Merkel also stressed the urgency of the global environmental crisis. A former environment minister in Helmut Kohl’s cabinet, Merkel recalled biodiversity conferences she attended in the mid-1990s, and said: “It is heartbreaking to see how the situation has worsened in so many ways.
メルケルは、世界的環境危機の緊急性をも強調した。コール首相の内閣の元環境相、メルケルが1990年代中期の彼女が出席した生態系変化会議を思い出して言った。「多くの点で状況がいかに悪化しているかが分かって驚倒している」
写真3
画像

Angela Merkel with the then chancellor, Helmut Kohl, in whose cabinet she served as environment minister. Photograph: AP
当時の首相ヘルッムート・コール首相とアンジェラ・メルケル。彼女は環境相を勤めた(AP)
“There clearly is a lack of consistent political action, on a global scale. What is key for being able to act in all spheres, including environmental protection, is for us to be economically successful. That is my greatest worry.”
「世界的規模で首尾一貫した政治的行動を欠いていたことは明らかだ。環境保護を含む全地域で行動を可能にする鍵は、我々にとって経済的成功である。それが最も大きな心配だ」
She reiterated her aim for Germany to achieve carbon neutrality by 2050, but said that for European countries to meet the net-zero carbon emissions target set by the French president, Emmanuel Macron, and eight other leaders last week, they would need to reopen a fraught debate about carbon capture and storage (CCS) technology.
2050年までに彼女はカーボンニュートラルをドイツが達成する彼女の狙いをくりかえしたが、フランスの大統領エマニエル・マクロンと他の8人のスノウたちが先週設定したカーボン排出量ゼロの目標に合わせ、彼らはカーボン捕捉と格納(CCS)技術についての問題一杯の議論を再開すると言った。

“Nine countries intend to attain climate neutrality by 2050, whereby they would on average no longer emit any CO2,” Merkel said of Macron’s initiative. “I am firmly convinced that this can only be done if one is willing to capture and store CO2. The countries in question do not deny this. The method is called CCS – and for many in Germany it is a highly charged term.”
「9カ国が2050年までに気候中性を達成する意向であり、平均してもはやCO2を排出しない」とメルケルがマクロンの構想を述べた。「CO2を捕捉し保管したいのであればこれはできると私は断固自身がある。疑問を持っている諸国はこれを否定しない。その方法はCCSと呼ばれるものーで高度に専門的用語である」

CCS is controversial because critics see it as an expensive subsidy that would ultimately perpetuate rather than reduce reliance on fossil fuels. “There are two possibilities – you can either store carbon, or you can reforest on a large scale,” she said. “In the Netherlands, for example, the latter is not an option. There, CO2 could be pumped into empty gas fields. We could do the same in Germany – but if I wanted to implement this policy here with the stroke of a pen, then people would be right to ask me how realistic that is.”
CCSは、批判者達が化石燃料への依存を減らすよりも結局継続的な高価な助成金として見ている。「「二つの可能性があるーカーボンを保管し、または大規模に森に返すことができる」彼女が言った。「オランダでは、例えば、後者は選択肢ではない。CO2は空の天然ガス田に注入され得る。ドイツでも同じことができるーしかしもし我々が格納し又はこの政策を実行したいなら、人々はそれがいかに現実的かを訊くだろう」
Merkel would not say whether the EU would grant Britain another extension if Theresa May’s government failed to pass her withdrawal agreement by the end of October deadline.
メルケルは、もしテレサ・メイ政府が10月末の期限までに協定から脱退することに失敗すれば、EUがもう一回延長を認めるかどうかについて言わないだろう。
And, asked whether by the autumn Brexit might be being discussed by new leaders in both London and Berlin, she again refused to be drawn, answering: “Should there be anything to negotiate, the European commission will do so on behalf of the 27 member states, as it has done so far.”
そして、秋までにブレクジットがロンドンとベルリンで新しいリーダーによって議論されるかどうかを訊かれて、結論を拒否し答えて、「交渉することがあるかで、欧州委員会は27カ国の代わりに今までのようにそうするだろう」
This article is part of a six-newspaper collaboration called Europa in which work is reported by one or more newspaper and shared for publication with all. The interview was conducted by Süddeutsche Zeitung, with the Guardian feeding in questions. The six papers are the Guardian, Le Monde, Süddeutsche Zeitung, La Vanguardia, La Stampa and Gazeta Wyborcza.

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
メルケル:ヨーロッパはシナ、ロシア及び米国に対して立ち上がるため団結しなければならない 外国紙で読む世界のニュース/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる